活動実績・開発資格

  • 設立 2012年11月06日
  • 所在地 東京都中野区東中野1-57-9 401

資格・養成講座 開発協力

資格・養成講座・検定 協働開発

玄米食育連盟

ビューティーフード協会

ベジライフスタイリスト検定委員会

べジモア食育協会

一般社団法人TRE

COCORO協会

防災クッキング連盟

資格・養成講座 教材開発ディレクションおよび協力

株式会社ヒューマンアカデミー

三ッ星ヴィーガンパティシエのスイーツを楽しむ会(ヴィーガンスイーツレシピ普及)

NPO若者就職支援協会

コミュニティづくりに適した教室デザイン

マンションの共用施設を生かしたコミュニティづくりのための講座企画・講師派遣

東京(東村山)、神奈川(横浜区磯子、みなとみらい)、千葉(千葉ニュータウン、新小岩、市川)、茨城(茨城県守谷) 他

学びを生かしたコミュニティづくり 協働事業

京都市後援 「京都カフェ」(都内で「京都旅」をテーマに新たなコミュニティづくり)

久津輪さん家の四季の庭(青梅市・防災アウトドアコミュニティ)

学びを生かしたコミュニティづくり 協力

山梨県塩山(多拠点型フィールドワークプログラム)

その他

修学旅行「志事に出会う 修学旅行プログラム」提供

仙台市上杉山中学校

正会員 専門スタッフ紹介

資格を取得し、社会課題に挑戦する

ソーシャルエデュケーション協会が協働する、資格と活動をご紹介します。

玄米マイスター講座
教育理念 日本の主食、米の生きた生命力が宿る「玄米」を通し、「食は自然から生命を頂き、生命を養い、生命を受け継ぐ」という食の原点を伝え、健康な食、食文化の発展、持続可能な食の未来の実現にチャレンジします。
主食を変えると、食生活は大きく変化します。
一人ひとりの食習慣の変化は健康、そして地域、社会、世界の食、更に未来にも大きな変化をもたらします。
講座目標 玄米マイスターとして、「玄米食育教室」の講師が務められるよう養成します。
・玄米の基礎知識を習得
・玄米を美味しく上手に食生活にとり入れる実践法を習得(基本の炊き方・四季の食べ方・年代に合わせた食べ方)
・玄米食育講師としてのプランニング
ソーシャル
ムーブメント
「「玄米食育講座」を各地で開催。子どもから大人まで、身近な食育の場を身近に増やす。
日本の主食「米」への関心を高め、一人ひとりの毎日の食生活にとり入れる機会を増やし、農業、食糧自給率に変革を起こし、食文化の発展を促す。
主 催 玄米食育連盟
公式サイト http://social-ed.or.jp/genmaimeister/
ビューティーフード講座(コーディネーター/クッキングプロ/グルテンフリースイーツプロ/インストラクター)
教育理念 ビューティーとは身体の内側からあふれ出す「生命力」のこと。自然と調和した食で、生命力あふれる美しさを呼び覚ます食「ビューティーフード」を理解し、自らのキレイを育て、周囲の人のキレイに役立て、健康で輝く人を増やします。
講座目標 「ビューティーフード」の視点、知識、料理を生かし、自らのキレイを育てるとともに、シーンに合わせた食の提案ができる人を養成します。
・心身、自然に負担をかけず、生命力を引き出す食の選択法、食べ方を習得
・基本の調理法、およびクッキング又はスイーツの基本レシピとアレンジ法を習得
・ビューティーフード・コーディネーターとしての社会的役割を理解し、それぞれのライフスタイルと個性を生かしたビューティーフードスタイルを発見し、活動プランを作成
ソーシャル
ムーブメント
「ビューティーフードパーティー」を各地で開催*「食」への意識づくり、食べる人と作る人を繋ぐきっかけづくりとなる「ビューティーフードパーティー」を、家庭のパーティ、女子会から、会場を借りての開催まで、それぞれのスタイルで開催する人を増やす。
ビューティーフードレシピの活用の機会を増やし、ビューティーフード料理、スイーツを食べる機会を増やす。
「ビューティーフード教室」を各地で開催できる人を増やし、ビューティーや食について再認識する機会を増やす。
主 催 ビューティーフード協会
公式サイト http://beautyfood-life.com/
べジライフスタイリスト(ジュニアべジライフスタイリスト/べジライフスタイリスト/インストラクター/ベジタリアン検定)
教育理念 ベジライフ(菜食中心の食生活)が、様々な社会課題の解決に好循環を生む「ベジループ」の視点を啓発し、実践しやすい環境を広げ、子ども達に持続可能な社会を引き継ぎます。
講座目標 べジライフの基礎知識、実践法を学び、自身に合った取り入れ方、また飲食店などで適切な活用、提案ができる人を養成します。
・べジライフの基礎知識、栄養的特徴、レシピのアレンジ法を習得。健康的で快適なべジライフの実践法を理解する
・べジタリアンの主な分類とニーズを理解し、飲食店や食関連の現場での円滑な対応力を養成
ソーシャル
ムーブメント
「週1ベジライフ食」の実践者を増やす *週に1日べジライフをとりいれる人口が増えるだけで、地球温暖化、食料問題、健康と食への意識、動物倫理の課題に大きなインパクトを与えることができる。
全ての飲食店に1つ、必ずベジタリアン対応メニューがある環境を実現。ベジライフのインフラを整備する。
主 催 べジライフスタイリスト協会
公式サイト http://vegelifestylist.com/
防災にも役立つ!クッキング講座(防災クッキングコミュニケーター/防災クッキングインストラクター)
教育理念 健康に役立つ料理を学びながら、防災にも役立つ料理の基礎知識を学びます。防災を日常の延長として捉え、防災について考える機会をつくり、一人ひとりの防災意識を高め、地域コミュニティ参加へのきっかけをつくり、防災に強い社会づくりを促進します。
講座目標 ・忙しい毎日に簡単、時短料理となる、そして災害時には極力水・火・道具等を節約できる料理法を体験しよう。
・食事は、コミュニケーションを生み、人と人とをつなぎます。災害時の大きな支えにもなります。皆で楽しく作って、食べて、話そう。
・日常はもちろん、災害時にも「生きる力」を養う食とは?健康な生命をつくる食、食材について、考えてみよう。
ソーシャル
ムーブメント
防災食の備えをする人の割合を増やす(2025年8割)
共助の大切さを学び、コミュニティ参加のモチベーションを醸成する。
主 催 防災クッキング連盟
公式FB https://www.facebook.com/防災クッキング連盟-481446039040500/
べジモア食育(べジモア食育コーディネーター/べジモア食育インストラクター)
教育理念 野菜をたくさん取り入れることができる料理法を学び、一緒に楽しく食べる場を増やすことにより、9つの「こ食」をなくします。料理は愛情表現、食は人をつくり、生きていく上で大切な毎日の営みであることを伝えます。
講座目標 ・普段の食事に野菜をたくさん取り入れることができる「べジモア料理」の基礎知識を習得
・基礎レシピとアレンジ法を習得 *旬・地域のやさいを上手に生かして、普段のメニューで野菜100gアップ
・季節や地域に合わせた料理について関心を持って学び続ける探求心を育てる
ソーシャル
ムーブメント
9つのこしょくをなくす
【食事でつながる】
①孤食・1人孤独に食べる ②子食・子供だけで食べる ③個食・家族で異なる献立を食べる
【野菜、地域の食で健康に】
④粉食・粉もの中心に食べる ②濃食・味の濃いものばかり食べる ③固食・好きなものだけ食べる
【食養生】
⑦戸食・外食ばかりで食べる ⑧小食 ・少しの量食べる ⑨虚食・何も食べない
主 催 べジモア食育協会
公式サイト http://vegemore.jp/

PAGE TOP